受付時間:10:00~19:00(月曜定休、ほか不定休あり)

髪質改善をするとパーマが取れる?パーマをする際の注意点

 
この記事を書いている人 - WRITER -

最近、テレビや雑誌などでよく見かける「髪質改善」

髪質改善では、髪質や髪の悩みに合わせたトリートメントやヘアエステが受けられるので、“髪を美しさを維持したい”という方から人気を集めています

ですが、中にはパーマが取れてしまうことを心配し、髪質改善への一歩を踏み出せない方も…。髪質改善をしたいと思ったのに、気に入っていたパーマが取れてしまったら、元も子もないですよね。

という訳で、今回は

  • 髪質改善をするとパーマは取れてしまうのか?
  • パーマをする際の注意点

について徹底解説していきます。ぜひ確認してみてくださいね♪

髪質改善をするとパーマは取れてしまうのか?

髪質改善と一括に言っても、種類は様々あります。その理由は、美容室によって髪質改善と呼んでいるメニューが異なるからです。

こちらでは、髪質改善メニューとして多くの美容室が取り入れている縮毛矯正・酸熱トリートメント・疎水トリートメント・還元トリートメントをした場合、パーマにどのような影響があるかを解説していきます

縮毛矯正

縮毛矯正は、薬剤やアイロンの熱を利用し、髪の毛のクセを真っ直ぐに伸ばす施術です。梅雨時期の湿気による広がりや、うねりを抑えてくれるので、ストレートヘアに憧れる女性たちから支持されています。

このような特徴から、パーマをした後に縮毛矯正を行うと、ウェーブやカールは取れてしまいます

その理由は、縮毛矯正に使われる薬剤の中に、毛髪内部の組織を切り離す成分が配合されているからです。また、強い働きを果たす分、髪に与えるダメージも大きいです。

そのため、パーマ後に髪質改善として縮毛矯正を受けることを希望する場合は、美容師としっかりと相談をすることをおすすめします。ダメージを防ぐためにも、できるだけ期間を空け、縮毛矯正の施術を検討するようにしましょう。

酸熱トリートメント

酸熱トリートメントは、グリオキシル酸や熱の力を利用したトリートメントです。毛髪内部にイミン結合を作り、カラーやパーマによるダメージを補修します。

そのため、パーマをした直後であっても、酸熱トリートメントであれば問題なく受けることできます

実は、パーマと酸熱トリートメントは相性が抜群で、美容師も太鼓判を押すほどです。髪質改善による酸熱トリートメントの効果で、パーマヘアをさらに美しく見せることができます

また、酸熱トリートメントにはクセ毛やうねりを伸ばす効果がありますが、パーマによるカールやウェーブを落とすことはありません、このような理由から、パーマヘアの方でも、酸熱トリートメントは安心して受けられるという訳です。

疎水トリートメント

疎水トリートメントとは、プラスとマイナスのイオンを結合させて行うトリートメントのこと。キューティクルの表面に皮膜を作り、ダメージを受けた親水性の髪を、健康的な疎水性の状態に戻します。

この疎水トリートメントは、パーマの施術と一緒に受けることにより、カールやウェーブの保ちを良くし、艶やかさもアップさせることができます。

つまり、パーマが取れてしまうという心配はありません

最近では、パーマと疎水トリートメントをセットにした「疎水パーマ」や「疎水トリートメントパーマ」を行う美容室も増えてきました。気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

還元トリートメント

還元トリートメントは、毛髪内部の組織を切り離しながら栄養補給をするトリートメント。酸性の還元剤の力でキューティクルを開き、髪の毛に柔らかさやコシを与えます。

このように、髪の毛のダメージを補修する効果がありますが、パーマヘアには不向きで、カールやウェーブが取れてしまう可能性があります

その理由は、還元トリートメントに配合されている還元剤に、パーマを弱める働きがあるからです。そのため、綺麗なパーマを維持したい場合は、必ず還元剤の入っていないトリートメント選び、髪質改善を行うようにしましょう。

 

パーマをする際の注意点

ここからは、パーマをする際の注意点を紹介します。自宅でのヘアケアについてもまとめていますので、確認してみてくださいね。

自宅でのトリートメントを念入りに

ヘアカラーやヘアアイロンなどでダメージを受けた髪は、パーマがかかりにくい傾向にあります。チリチリとしてハリ・コシが失われていたり、酷く乾燥している場合は、美容師側から施術を断られてしまうこともあるんです…。

そのため、普段からトリートメントを使用し、髪に栄養をしっかりと与えることが大切です。

また、トリートメントの効果を発揮させるには、蒸しタオルを利用したヘアパックがおすすめ。湯船に浸かりながら行うことで、蒸気の力でトリートメント成分を浸透させることができます

直毛の人は美容師に相談する

硬くて太い直毛の人は、キューティクルが均一になっていて凸凹が少ないので、パーマがかかりにくいです。中には、1週間ほどで真っすぐの状態に戻ってしまう人もいます。

そのため、直毛の人がパーマをする場合は、薬剤濃度を細かく調整したり、塗布する箇所に気を配る必要があるのです。このように、高度なテクニックを要するので、髪質改善を専門とする美容室を利用する人も増えています。

髪質改善専門の美容室では、通常の美容室よりもカウンセリングに時間をかけてくれるので、安心して施術を受けたい方にもおすすめです。

「直毛だけどカールヘアを手に入れたい」という方は、一度相談してみても良いでしょう。

パーマとカラーは期間を空ける

時間を節約するため、パーマとカラーを同時に受けたいという方もいることでしょう。しかし、どちらも専用の薬剤を使用して行う施術のため、ヘアダメージは避けられません。

パーマにプラスしてカラーもしたいと考えている場合は、1週間程度空けて行うのがベストです。そして、パーマを先に行った方が、ヘアカラーの保ちも良くなります。

また、パーマやカラーをする時は、先ほど紹介した「酸熱トリートメント」を同時に受けると良いです。ヘアダメージの進行を防ぎ、パーマやヘアカラーを長期間楽しむことができます。

綺麗なカールやウェーブを維持するためにも、美容師と良く話し合いをし、納得した上で施術を受けるようにしましょう

 

まとめ


  • 髪質改善で縮毛矯正をした場合、パーマは取れてしまう
  • 還元トリートメントに配合されている還元剤は、パーマを弱める働きがある
  • 還元剤が入っていない髪質改善トリートメントであれば、パーマと一緒に施術が可能
  • パーマを希望する人は、自宅でのヘアケアをしっかりと行うことが大切
  • パーマをしたい人は、美容師によるカウンセリングがおすすめ

このように、パーマヘアを長く楽しむためには、気を付けなければいけない点がいくつかあることが分かりました。髪質改善を行うことにより、髪を美しく見せたり、扱いやすい状態を保つことができます。

パーマによる痛みを最小限に抑えたいのであれば、髪質改善トリートメントとパーマが同時にできる美容室がおすすめです。プロの美容師が、パーマが取れないように配慮しながら、髪質改善による施術を行ってくれます。

それから、髪質改善を専門とする美容室では、事前にカウンセリングを行い、あなたにピッタリのメニューを提案してくれます。最近では、電話やメール、LINEなどで相談に応じる美容室も増えています。

髪の悩みを抱える方はぜひ一度、相談してみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です